TomoSUGAO_3_B&W(1).jpg

菅尾 友
 

札幌生まれ。幼少期をアメリカ、オランダ、ドイツ等で過ごし、4歳からバイオリンを始める。アメリカ・ミシガン州の選抜オーケストラでコンサートマスターを務めた他、故・山本直純氏らが指導したジュニア・フィルハーモニック・オーケストラや、アジア・ユース・オーケストラのヨーロッパ・ツアーに参加。後者では、ベルリン・コンツェルトハウスや、アムステルダム・コンセルトヘボウ等をツアーし、セルジュ・コミッショーナ氏の指揮のもと、チェロのミッシャ・マイスキー、トランペットのホーカン・ハーデンベルガーやピアノのレオン・フライシャー各氏と共演。

18歳でオペラの演出活動を開始した後、ニナガワ・カンパニー・ダッシュ、東京・新国立劇場、ベルリン・コーミッシェ・オーパー演出スタッフを務める。アンドレアス・ホモキ、ヨーゼフ・ケップリンガー、デイヴィッド・パウントニー、ジョナサン・ミラー、フィリップ・アルロー、ハンス・ペーター・レーマン、マルコ・アルトゥーロ・マレッリ、エミリオ・サージ、グリシャ・アサガロフ、ベルント・ヴァイクル、ハインツ・ツェドニック、マティアス・フォン・シュテークマン、セバスティアン・バウムガルテン、ベネディクト・フォン・ペーター、栗山民也、野田秀樹、中村敬一、岩田達宗、松本重孝、宮本亜門、蜷川幸雄、田尾下哲の各氏らのアシスタントや再演演出を務めた後、現在はフリーの演出家としてヴュルツブルク、ドルトムント、ケルン、チューリヒ、ルツェルン、ザルツブルク、オスロ、プラハ、ルクセンブルク、台北、香港、びわ湖、東京(日生劇場、東京二期会他)等の劇場で活動中。

これまでに『魔笛』『イドメネオ』『フィガロの結婚』『ドン・ジョヴァンニ』(モーツァルト)、『子供と魔法』(ラヴェル)、『ジューリオ・チェーザレ』(ヘンデル)、『ノルマ』(ベリーニ)、『ドン・キホーテ』(マスネ)、『ユグノー教徒』(マイアベーア)、『ニクソン・イン・チャイナ』(ジョン・アダムズ)、『黒船』(山田耕筰)や世界初演のオペラ作品、『夏の夜の夢』『ハムレット』『ロミオとジュリエット』(シェイクスピア)等の舞台を演出。

国際基督教大学卒業。08年文化庁新進芸術家海外留学制度派遣生、09年ヴァーグナー国際財団奨学生、13年五島記念文化賞新人賞。